96 happy world journey KURO 世界一周 ふたり旅

特集 旅日記 写真~世界中で心が動いた一瞬 動画~行ってきましたあの国に 旅の軌跡 ふたりについて link
TOP page >> Feature >> SnowDome

ガラス球に閉じ込められた世界のかけらたち

世界中で出会ったスノードーム

いつの間にか世界を旅するときには必ず購入するようになったスノードーム。 ガラスの中の小さな空間にぎゅっとつめられた世界。 そこは雪の降る世界。 ドームを見ると、そこに立ち寄った記憶が蘇える。

小さい頃に祖母がカラフルなプラスチックが入った、ほんとに雪の世界のようなスノードームをくれたことがあった。 それは世界の有名な建物が入っているものではなく、インテリア的なオブジェだった。 紫色の台座で、なんとなく暗い感じのするものだった。 いつもベッドのあたまのところに置いていた。 ある時、遊んでいてエアガンを誤って撃ってしまいBB弾は思ってもいない方向へ。 そのスノードームは瞬間的に割れた。 思っていた以上にあっさりと割れてしまった。 その瞬間とても大事なモノを失くした気がした。 きれいなものは、はかなないとは言うけれど、そのはかなさを自分で招いてしまった。 小さいながらにして、大きなものを心に刻み付けた気がする。

それから歳をとり、学生の時にロンドンに行った。 カムデンのマーケットで目にしたアンティークのスノードームに魅せられた。 そこから小さい頃の心の痛みを埋めるように、 世界を旅すると購入するようになった。

球体の水の中には、その土地のとびっきりの自慢が入っている。 球体を支える下の台座部分にも注目。 例えば、スペインのグエル公園のスノードームの台座には、ガウディが建築した建物がずらりと並び、 イギリスのロンドン橋のスノードームの台座には、ダブルデッカーバスが走っている。

日本スノードーム協会によると、スノードームが最初に作られたのは19世紀前半。 ペーパーウェイトとして使われていたそうだ。 その後、1889年のパリ万博で完成直後のエッフェル塔をスノードームにして発売し、万博を訪れた人々によって世界に広がったとか。 今では世界中の観光地で売られている。

スノードームは大人が真剣に遊びゴゴロを存分に発揮した小宇宙だ。 だからこそ、とっても愛しく思える。 これからも世界を巡り、出会うであろうスノードームを大切に、集めていきたい。


写真をクリックすると詳細を見ることができます。

真っ白なウェディング衣装にピンクの花がかわいいスノードーム。目にするたびに幸せをわけてもらえる。台座部分も、ハイビスカスに、プルメリアに、椰子の木に、ビーチと、ハワイムード全開。雑貨好きの友人なら、結婚の贈り物としても喜ばれそう。 見るたびに「めっちゃかわいい!」と思わずにはいられない。美しい女の子についついひざまずいて花束を渡しちゃう気持ち、分かります。でも、よく見ると人魚の眉毛が濃いです。 ドン・キ・ホーテと従者サンチョの旅。土台にはやせ細ったロシナンテも!巨人だと思い込んで風車に戦いを挑もうとしている姿が描かれている。常に旅に出る姿にオレー!!
タワーブリッジをロンドン名物テディベアが守衛している。台座にもこれまた名物ダブルデッカーにロンドンタクシー。雪が降るイメージといい、このスノードームはまさにロンドンの街を表現している。 ベネチアの中心にあるリアルト橋。迷路のような小路を巡りに巡り、いつの間にか辿り着いたのを今でも思い出す。この橋の下の運河にはもちろんゴンドラが悠々と行き来している。海に沈む前に必ずもう一度訪れたい。 台座が島全体を表している。名作スノードーム!羊まで散策してる。ロメールの映画”夏物語”で島からの道を走る車のバックに見えるモン・サン・ミッシェルのショットにとてもインパクトを受けた。同じ映像をこの目で見たい。
曽我部恵一さんの本で見て以来、ずっと欲しかったスノードーム。「二人の初めての共同作業」のこの瞬間は、結婚式でもなぜか一番人気のシャッターチャンスとなっている。世界中の結婚式で行われているのだろうか。 サンタがトナカイに乗らずに歩いている!そして、袋にビルと人間らしきものが乗っている!気になる。と、衝動買いした一品。人間らしき人は、誰なのか?そして、なぜサンタ袋に?謎多き一品。 スペインといえばやっぱりフラメンコ!スペイン中に同じようなスノードームがいっぱい。カラフルなダンサーにお洒落なギター弾き。各地で衣装を替えて登場する。情熱的な音楽が聞こえてきそう。
一見、ちょっと怖い雰囲気だけど、よく見てみるととてもキュートな若いカップルの婚礼のスノードーム。建設ラッシュの進むドバイでは、労働力の大半を外国人に頼っているため、ドバイ政府は自国民同士の結婚を推進しているという。 1匹がユーフォーキャッチャーに捕まってしまった時に、残りの2匹が無邪気な表情で見つめている姿がなんとも言えない。3つ目で気持ち悪いはずなのに、絶妙な色使いのせいでとてもかわいらしく思えるのは、さすがディズニー。 そんなにキュートな出で立ちで、本当に魔除けになってくれるのか、心配になってしまうほどほんわか雰囲気のシーサー。シーサーというより、子犬という感じのゆるさが沖縄っぽくていいサー。
このページの先頭へ

TOP page >> Feature >> SnowDome